居宅支援事業所向けマニュアル<川崎市準拠>

軽度者に対する福祉用具貸与の手続き方法

 

 

担当の利用者様が更新により、要介護1 要支援1 要支援2に認定されますと介護費で貸与ができなくなる福祉用具があります。リストは以下

・車いす及び車いす付属品

・特殊寝台及び特殊寝台付属品

・床ずれ防止用具及び体位変換器

・認知症老人徘徊感知機器

・移動用リフト(つり具部分を除く。)

・自動排泄処理装置(要介護3以下は原則貸与不可)

プランの構築上必要であると判断された場合の申請の仕方を説明してあります。

Read more
ご要望により順次追加いたします
Read more
ご要望により順次追加いたします